下水処理場

読んだ本や観たアニメの感想などを書くかもしれない

ガールズ&パンツァー最終章第3話を観た感想を書き殴る

注意!

このブログは一部ネタバレを含みます。最終章第3話を観ていない方は読まないでください。

また、人によっては不愉快な思いをする内容・表現が存在すると思われるため、苦手な方はブラウザバックを推奨します。

こいつガルパンアンチか?と思われる記述が存在するかもしれませんが、私はテレビアニメ放送当時からガールズ&パンツァーを追い続けているただのめんどくさいキモ・オタクなのでアンチではありません。ご安心下さい。

 

 

 

 

ほんへは下にあるのでスクロールしてください↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第3話を観た後のクソデカ感情をどうしたら良いかわからなくなったのでブログに書き殴ります。 

 

最終章は毎回、OPが始まった瞬間に目頭が熱くなりますね。Grand symphony最高でした佐咲紗花さんはアニメ「日常」の時から好きなので最終章前半のOPテーマが発表された時はとても嬉しかった記憶があります。

後半のOPテーマはテレビアニメ版や劇場版のOP,ED担当のChouchoさんに変わるんですかね。楽しみ。

また、OPではないのですが、劇中に入る歌パート(個人的におうたのじかんと呼んでいる...)が大好きなので今回はおうたのじかんが無くて残念。継続高校なら劇場版でもBT-42が無双したシーンで流れたサッキヤルヴェン・ポルカの歌ありver.やイエヴァポルカなどを期待していたのですが第3話では流れず...

フィンランド語はよくわからないのですが(発音自体はドイツ語に近いのかな?)、サッキヤルヴェン・ポルカの歌はとてもいい曲なので是非第4話ではおうたのじかんで歌ってほしい。

前半が終わった所で第1話~第3話のサウンドトラックが出るらしいのでえー、正直買いです。玉葱の歌とか知波単のラバさんとか大洗の海賊のうたとかリピートして聴きたい.....

 

 ~マリー様の貴重な入浴シーン~

 

マリー様、第2話で用意していたバラ風呂に入っています。相変わらずかわいい。

てかアズミの事「アズミお姉様」呼びなの?は?すき

 途中で飽きて寝てるしなんなんだこの女、ダー様とかミカが比べ物にならんレベルの自由人じゃねえか...

 

さっきからどうでもいい事ばっか書いてるのでそろそろ本題に入ります。 

 

知波単対大洗について


映像、音響共にものすごく迫力があって良かった。特に音響は4DXかな?と錯覚してしまう臨場感があった。ジャングルでの夜戦というのもあって、戦況がわかりにくかったので何回も観ないと状況が理解できないと思いますが、終始知波単が圧倒してたのに加え、戦車のスピード感がすごかった(てか殲滅戦なら99%知波単が勝ってたレベルで残存車輛数の差がデカすぎ)。


ポンコツだったけど元々練度は高いチハタンズが第2話以降、福田だけじゃなく西隊長や他の隊員も頭を使って動くようになったことで大洗より全然強いぞ?って感じたし実際に大洗の上を行ってたと思う。例えば、最初にカミ車を足場にして川を越えたのはあんこうだが、知波単側がそれを応用し、橋を壊して大洗を分断→カミ車2輌が川に入って先回り→足場になってチハに川を渡らせるという戦法を使った所はとても良かった。

なんかそもそも気持ちで負けてる(根性論)気がするんですよね。大洗が桃ちゃんの留年阻止とかいうクソしょうもない理由で戦っているのがなんかなー...所々「河嶋先輩に会長達と同じ大学に行ってほしいから負けたくない!」とか「私も会長と同じ大学に行けるように頑張ります!」みたいな台詞を出してくるのは監督が視聴者に「大洗が戦う動機薄っぺらくね?」と思わせるためとすら思えてきた。心なしか柚子ちゃんも鼻で笑うような顔してたし←「違うと思います...(カルパッチョ)」 

しかし、桃ちゃんが必死に勉強している描写がちょくちょく出てきているのは、大洗が途中で敗退するものの一般入試で何とか合格するフラグなのかもしれない。

戦車戦の話に戻ると、知波単が照明弾を打ち上げる度にみぽりんが「眩しいな...」って感じの露骨に嫌そうな顔してるシーンはめちゃくちゃ笑った。敵戦車を探す時もしかめっ面してたし、みぽりんって結構思ってる事顔に出るタイプですよね?(割とテレビ版の時から顔に出てる気がする)

 

ただ、大洗の中でも特にあんこうは個人のスキルがバケモンなんだなあっていうのを改めて感じた(麻子の軍神立ち&索敵、秋山殿の操縦等)。みぽりんと麻子と秋山殿がポジション変わる所好きすぎる。久しぶりの「ヒャッホォォォォウ!!最高だぜぇぇぇぇぇぇ!!」が聞けて満足。
知波単がフラッグ車よりも大洗の要であるあんこうを優先して撃破する方針にし、それを見事やり遂げたまではよかったものの(フラッグ車のカメさん以外撃破したの強すぎ)、万歳三唱している間にカメさんに突撃されてフラッグ車を撃破されたのは酷すぎないか...?「目標を見誤った!」じゃないんだよ

 

あんこうは撃破される前提で、分断されていたカメさんに位置を知らせるためにライトを付けて動いていた(ちょうちんあんこう作戦)から元からカメさんがフラッグ車を奇襲する予定ではあったのだろうが、いくらなんでも油断しすぎでは...?唐突に知波単が劇場版の時のポンコツに退化した感は否めないと感じた。まあ本来の知波単らしいっちゃらしいのだが。

知波単が急にポンコツ化した事に関連して、他校の第2回戦の話になるが........

 

 

プラウダ。。。。。ど゛う゛し゛て゛な゛ん゛だ゛よ゛お゛お゛ぉ゛お゛!゛!゛!゛ん゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ぁ゛ぁ゛あ゛あ゛!゛!゛!゛!゛(藤原竜也)

 

 


はい。プラウダ対黒森峰は案の定後者の勝ちでしたね.......そりゃOPでエリカが覚醒しますって言ってるようなもんだしねえ...にしても他校の試合展開が全体的に雑に感じた(もちろん戦車戦は良かった)。

 

他校の第2回戦について

 

まずプラウダ対黒森峰。みぽりんと秋山殿が観戦。予告編でも出てたようにプラウダは高地の塹壕みたいな窪みに陣取り、黒森峰がマウスを先頭にしたパンツァーカイルで下から進軍している状況から始まり、プラウダがマウス含む数輌を撃破して有利な状況から始まった(ニーナ、アリーナ初撃破!しかもマウス!やったね!)。この時点でガルパンおじさん的に「あ、これプラウダ負けたな」と確信してしまったが一縷の望みに賭けて祈った。


が.....駄目っ......!当初エリカは「前進あるのみ!」の一点張りだったが、プラウダの攻撃が激しく前進困難になった後、何をトチ狂ったか大洗対黒森峰の時のみぽりんと同じように車輛間をジャンプしてⅢ号戦車(多分)に移動し「代わってもらえる?こっちの方が性に合ってる」とか言って車長を交代した後、榴弾を掃射して砂煙で目くらましをし、エリカ車含む4輌近くがプラウダの側方に移動→カチュ―シャともう1輌が塹壕から出て応戦するも2輌撃破した瞬間にエリカ車を見失う→フラッグ車であるクラーラ車塹壕に嵌って抜けない(は?)→撃破というよくわからない展開、このたった数分だけで心の中にクソデカ爆弾を抱えてモヤモヤしてしまった.........全体で見れば1年半待つ価値はあった素晴らしい出来だったというのに.............プラウダ高校が好きな人は皆このモヤモヤを抱えているに違いない。


尺的に他校の試合を端折るためとはいえ、プラウダ側めちゃくちゃ残存車輛多かったのに負けた理由がフラッグ車が塹壕に嵌って動けなくなったとかいくら何でも雑すぎるだろ!!天下のT-34がなんでⅢ号戦車如きに撃破されるんですかね(小声)加えて元々エリカがそんなに好きじゃない視点からするとお前の戦車道みぽりんのパクリじゃねえか!!としか思えなかった....(エリカファンの方すいません)

でもフラッグ車を撃った時のエリカの謎ポーズは正直笑った。

 

どうでもいいですがカチューシャの手影絵がただの趣味であることと、大洗に対抗してイカルアザラシさんチーム、ユキヒツジさんチームなどのロシアにちなんだ動物名を付けていた事が判明し、可愛すぎて鼻血が出ました。

 

次にアンツィオ対聖グロ。カバさんが観戦。階段の多い街中での戦闘だったが特に見せ場は無し。アンツィオが聖グロにクッソ舐められた挙句しっかり殲滅されてて涙が......まあ戦力的にも人員的にも勝てる要素が無いからここは予想通り。2回戦の時点では両校とも今までと同じ戦車しか使っていなかったが、聖グロが準決勝以降どうなるか気になる...
あ、試合はボロ負けでしたがアンツィオがCV33でバケツリレーみたいにクルセイダーを川に落として撃破したのは面白かったです。

 

最後にサンダース対継続。ウサギさんが観戦。平地には倉庫が多く、周りは山で囲まれている地形での戦闘だった。固まって攻めるサンダースとヒット&アウェイの継続(ほとんどT-26かな?)が序盤は五分五分、後半はサンダースが大多数を撃破し、逃げるBT-42を追い詰めたところでナオミがもう1輌残っている事に気付くも遅く、超遠距離からアリサ車が撃破されて継続の勝ち。(アリサが混乱してる一方でナオミだけ遠くの山に気配を感じてたシーンすき)

BGMがサンダースから継続に変わったのでこのままサンダースが負けるのかな...と思いきや再びBGMが変わって流れがサンダースに戻ったので、毎回BGMの演出上手いなあと思った。


フラッグ車を撃破した継続の砲手は口元しか映っていなかったのだが、めちゃくちゃ色白だったので愛里寿ちゃんが継続に転校したのか!と思って「島田ミカ説が公式になるのか!?」とか期待しちゃった(実際は愛里寿ちゃんじゃなかった)。てかサンダースェ.....聖人のおケイさん報われてほしい......まあ展開的に継続と大洗が当たるのが自然だから仕方ないっちゃ仕方ないけど毎回かませ扱いは流石にかわいそう....

 

その後、継続の学園艦でクリスマスパーティをやってるシーンが入りすぐに準決勝。何故かフラッグ車はアリクイさんチームに変更。雪が積もった針葉樹林での戦闘。継続の奇襲を受けて村に退避した後、その村に既に潜んでいた車両に囲まれてあんこうとアリクイさんが先に撤退、華さんが跳弾で2輌同時に撃破する神業を披露した次の瞬間、アリサ車と同じようにあんこうが超遠距離から撃破され、ミカ「うちには魔女がいるんだよ。白い魔女がね。」の後、砲手の顔が見えてED

 

 

 

 

 

え?
あああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!?????

 

 

 

と大声で叫びたくなった。多分皆叫ぶの我慢してたんじゃねえかな。
何この終わり方?引き良すぎんだろ........でもあと2年近く待たないと続きが観られないの地獄すぎる......

 

白い魔女の元ネタは冬戦争で白い死神と言われたシモ・ヘイヘですかね。顔一瞬しか映らなかったからよく覚えてないけど色白で金髪、フードを被っていた気がする...パンフレットにビジュアルが出てたらしいが買い忘れた(池沼)のでMOVICのネット通販で予約しました...


彼女が乗っている車輛は一切明かされてないが、個人的に猛獣殺し(SU-152)かISU-152だと予想。継続がソ連自走砲を使うのを楽しみにしていたのでとても嬉しい。まだ確定してないけど。しかし、劇場版のBT-42がめちゃくちゃかっこよかったので継続戦は楽しみでしかない...!

 

今後の展開について


知波単戦で立った「大洗の中心であるあんこうが優先して撃破される」というフラグが一瞬で回収されてめちゃくちゃビビった.....まさか1番最初に撃破されるとは思わんだ...(撃破される前に麻子が山を見て「2キロ先に何かいる。偵察か?」みたいな事を言っていたけどウサギさんがサンダース対継続の情報を伝えていたら警戒できたんだよなあ...)


第4話以降で、あんこうを失った大洗の指揮を執るのは澤ちゃんになるんですかね。あるいは元会長が頑張るのかもしれない。知波単戦の麻子の役割を視力が良いそど子が担う線もありますね(プラウダ戦では麻子と一緒に偵察してたし)。後は旗を降ろしたサメさんチームがどう成長するのか。継続の戦車にガン無視されてたけど何かの伏線なのかな?何にせよあんこう頼りだった大洗が成長するのはこのタイミングしかないので頑張ってほしい。

 

この展開は誰かしらが覚醒して大洗が勝ちそうだから決勝に進むと仮定して、決勝の相手が黒森峰と聖グロのどっちになるのか、ものすごく気になる。個人的に、今回のエリカの動きを見ると愛里寿ちゃんが黒森峰に入って決勝に来そうだなあと思った。(エリカが1兵士として前線で動き、愛里寿ちゃんが指揮をする、みたいな)
だが、その展開はエリカがあまりにも情けなさ過ぎるし黒森峰的にもライバルの島田流をいきなり隊長にするのはどうなんだって感じではある...そもそもあの学校、隊長格以外の隊員の意思を感じねえんだよな...(暴言)

 

イギリス戦車つながり(センチュリオン)で聖グロに入るのでは?という意見もあるが、あの学校で活躍する愛里寿ちゃんが想像できない...いや、想像できないからこそ逆にありそうな気もしてくるけど乗る戦車あるのか?
大学選抜からセンチュリオン引っ張ってきたらバランス崩壊しそうだけど聖グロがOG会に掛け合ってコメットとかクロムウェルを導入したらそれらに乗る可能性はあるかも


BC自由学園もマリー様が政治的手腕を発揮して(は?)急遽ARL-44を導入したらしいので聖グロも車輛を一新して決勝戦に出てくる展開は全然ありえる。てか車輛そのままだとあまりにも絵面が地味すぎる(特に聖グロの大多数を占めるマチルダ)。まあ聖グロは黒森峰に負けてもダー様が対大洗無敗のまま卒業できるから無敵なんですけどね。

 

ここまで色々つらつらと推敲もせずに駄文を書き連ねた。全盛期のmixiによくあるようなイタい文章だなあって感じがしてかなり恥ずかしい。

総評として、プラウダ好きの自分にとっては受け入れがたい展開になったこともあってモヤモヤしていたが、ラストシーンでは度肝を抜かれる展開になり、やっぱこの作品すげーなあって改めて感じた。続きがめちゃくちゃ気になるし第3話にもまだまだ気になる点があるため早く2回目3回目を観に行きたい。(4DXも)

今回のEDのenter enter missionは知波単ver.だったが、サビで全車集合して画面が埋め尽くされてたのは笑った。知波単って車長全員の名前とビジュアル出てるのかなり優遇されてますよね。しかも一部通信手とか操縦手まで公開されてるし。名前も覚えやすくていい。(と思っていたら唐突に全員のフルネームが公開されて覚えるのが大変になった。あとレオポンさんとアリクイさんのフルネームも公開された。)

 

何が言いたいかというと、ガルパンはいいぞ!!!

男もすなるブログといふものを以下略

 はじめましての方ははじめまして。 

 いつもは漫画やアニメ、ゲームなどの感想をコンクリートミキサーにかけてツイッターにぶちまけていますが140文字という制約がある以上連投しがちであり、つぶやく側にもTLを見る側にもストレスになりかねないと考えたため長文になる感想はブログに書き殴ろうと思いブログを開設しました。かと言ってツイッターで感想をうだうだ言うのは変わらず続くと思います。(意味ない)ブログは気が向いた時だけ書こうと思います。

 僕はお世辞にも人となりが良いとは言えないひねくれ者であり、口は悪く、自分が好きなコンテンツに関して時には文句も言いまくるクソ厄介オタクなので文章中に読んでて不愉快に思う表現が多々あると思いますがそれを我慢できる人にだけ読んでもらえれば嬉しいです。ただの自慰行為なので別に誰にも読まれなくてもいいです。ここまでの文章を読んでお察しの通り国語力が皆無なので拙い文章が見るに堪えない人は読まない事をおすすめします。ではまた。